東京の納骨堂のメリット

subpage01

日本の一般的なお墓を購入する場合、特定の宗派や宗旨などの宗教的な制約を受けることがあります。

たとえば、ある宗派の人はほかの宗派の寺院のお墓を購入することができなかったり、あるいはお墓の購入にあたってその寺院の宗派に改宗しなくてはならないというケースは珍しくはありません。しかし、現代では宗教に対して特別な信仰心がなかったり、自分の一族がどのような宗派を信仰しているのかがそもそも分からないということも多く、お墓の購入に際して何かと迷ってしまうこともしばしば見受けられます。

東京の真言宗を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

また、現在では少子高齢化によってお墓の世話をする後継者がいないという家庭も少なくはないので、将来誰がお墓の世話をして供養を行ってくれるのか不安だという人も多いことでしょう。
そのため、東京では新しいお墓の種類としてビルなどの建物の中に遺骨を収納する納骨堂という形式のお墓を運営している寺院や民間の業者が増えています。特に東京では新設できるお墓の数は限定されてしまうので、従来のお墓のようにある程度の面積が必要ではない形式の納骨堂のニーズが高まっています。

朝日新聞デジタルが気になる方はこちらへご来訪下さい。

東京の納骨堂のメリットとしては交通の便のいい場所に納骨堂があり、自分の都合のいい時にいつでもご先祖を供養しに出かけられる点にあります。



特に東京では交通網が充実しているので、外出が困難だという高齢者の方でも公共の交通機関を利用すれば納骨堂まですぐなので比較的容易にお墓参りをすることができます。