東京都内のお墓は納骨堂で

subpage01

東京都内で新たにお墓をたてるとなると、高額な予算が必要になってしまいます。
そのために、遠隔地にたてようと考える人もいるものですが、自宅から遠い場所になるほどにお墓参りに行くのにも苦労することになります。
一年を通して春と秋の彼岸の時期やお盆にはお墓参りをする必要があり、また故人の命日にも訪問したいものですが、仕事がある日になれば遠方になるほどに難しくなってしまいます。
お墓参りは明るい時間に済ませることがマナーでもあり、仕事が終わってからでは暗くなって間に合わなくもなってしまいます。

東京の永代供養サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

東京都内の行きやすい場所にこれからお墓をたてたいという場合には、納骨堂タイプが向いています。

NAVERまとめの相談ならココです。

納骨堂というのは建物の中にあるお墓であり、東京都内でもビルの中に施設があることも多いものです。



エレベーターが設置されているので歩く距離も長くなく、バリアフリーになっている施設も多くあるので、足腰が悪いおじいちゃんやおばあちゃんも一緒に家族そろってお墓参りをすることができます。


屋外となれば、雨や雪の日、風の強い日になればお墓参りはまた今度にしようというケースもありますが、建物内であればいつでも会いに行くことができます。納骨堂は、屋外の墓地のように墓石をたてることができる施設や、仏壇式、ロッカー式などさまざまな形があります。
また、個別ではなく合同供養ができる場所もあり、予算や残された家族の希望に合わせて選ぶことができます。

身になる知識

subpage02

東京都内で人気のお墓の形として、納骨堂タイプがあります。納骨堂は、建物の中にお墓があることから天候に左右されずにお墓参りができるというメリットを持っています。...

NEXT

学ぼう儀式の事

subpage03

自分の家のお墓を新たに作るとなると、東京都内ではすでに場所が見つからなかったり地価が高いこともあって高額な費用が必要になってしまいます。しかし、納骨堂であれば手頃な予算から新しく利用することができます。...

NEXT

知っておきたい情報

subpage04

日本の一般的なお墓を購入する場合、特定の宗派や宗旨などの宗教的な制約を受けることがあります。たとえば、ある宗派の人はほかの宗派の寺院のお墓を購入することができなかったり、あるいはお墓の購入にあたってその寺院の宗派に改宗しなくてはならないというケースは珍しくはありません。...

NEXT

詳しく知りたいなら

subpage04

お墓に対する考え方の変化がある現代、人気があるのが納骨堂です。代々のお墓を建てることで、継承者問題が出てきたり、子孫の負担が増えたりという問題があることで、それを解決できるお墓の在り方として納骨堂が人気を上げているのです。...

NEXT